MacのローカルでApacheを立てる

Mac上でJavaScriptを開発してローカルで実行したいとき、
単純にローカルのファイルをダブルクリックするだけだと
Google Chromeのセキュリティの問題でJavaScriptを実行する事ができません。

その他のサーバサイド技術を試したいときも色々不便なので、
Mac上にApacheを立てて、localhostへのアクセスでJavaScriptを実行して試していく事にしました。

以下、色々なところで紹介されていますがMac上でのApacheの立て方と使い方です。

Macには最初からApacheが入ってる

いつのOSからかは知りませんが、MacにはデフォルトでApacheが入っています。
なのでこれを起動するだけでローカルサーバーは立ちます。

sudo apachectl start

このコマンドをコンソール上で打つだけでApacheの実行は完了です。
ブラウザでhttp://localhost/にアクセスすると、以下の様に「It works!」と表示されるはず。

20140901001 元気いいね。

ちなみに、Apacheを停止したいときは

sudo apachectl stop

で停止できます。

ドキュメントルートの指定

http://localhostにアクセスした時に表示されるファイルは
デフォルトでは「/Library/WebServer/Documents」が指定されています。

これを変更したい場合は
/private/etc/apache2/httpd.conf」の中身を書き換える事で変更可能です。
ファイル中の「DocumentRoot」の指定と「Directory」の指定を書き換えると良いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です